CLOSE

column62

ED(勃起不全)のコラム医師監修によるED(勃起不全)についての記事

精力剤の種類や効果は?男女別の精力低下によるリスクも解説

はじめに

精力剤とは、肉体的・精神的な疲労を回復するもので、医薬品と食品の2種類があります。また、疲労回復以外に勃起維持の補助や、EDの改善が期待できるものがあり、精力増強にもつながるでしょう。本記事では精力剤の医薬品・食品の違いや、精力増強を目的としたときの精力剤の選び方、男女別の効果を紹介します。

精力剤の種類や効果は?男女別の精力低下によるリスクも解説

精力剤(滋養強壮剤)とは肉体的・精神的な疲労軽減する医薬品や食品のこと

精力剤とは、 肉体的・精神的な疲労の緩和を補助する、医薬品や食品(サプリメント) のことです。精力剤の中には、精力や性欲の増加を掲げてものがあります。しかし、精力剤は滋養強壮剤であり、基本的には慢性的な疲れを感じるときや風邪のときに、栄養補給を目的として使用されます。市販の精力剤や、滋養強壮・精力増強効果があるとされるマカが入ったサプリメントなどは、継続して服用することで効果を実感できるようになるでしょう。

精力剤は基本的に 「第1〜3類医薬品」「指定医薬部外品」「サプリメント」 があり、いずれも ドラッグストアや薬局で購入可能 です。しかし、第1類医薬品は購入の際に、薬剤師の説明を受ける必要があります。第2類医薬品と第3類医薬品は、薬剤師か登録販売者がいるドラッグストアや薬局で購入できます。指定医薬部外品やサプリメントは特に制限がなく、ドラッグストアや薬局の他に、コンビニなどでも販売されています。

なお、専門のクリニックでは医師の判断で、勃起不全(ED)の治療薬であるバイアグラやレビトラなどを処方してくれます。しかし、これらは治療薬であり、厳密には精力剤とはいえないでしょう。

精力剤の分類・種類

精力剤は、医薬品と食品に分けられます。医薬品は、クリニックを受診し処方してもらう 処方箋用医薬品 と、 ドラッグストアや薬局などで購入できる医薬品 の2種類があります。食品は サプリメント が中心で、日々の食事だけでは補いにくいビタミン類やミネラル類を摂取するために使用します。下記では、医薬品と食品に分類される精力剤について、解説します。

①医薬品(ビタミン剤・ドリンク)

医薬品の精力剤には、 処方箋が必要な医薬品 と、 薬局・ドラッグストアなどで購入できる医薬品 の2種類があります。処方箋が必要な医薬品は、クリニックを受診して医師に処方箋を出してもらうことで、購入が可能です。具体的には、ED治療薬である錠剤のバイアグラやレビトラ、筋肉注射で投与するテストステロン補充薬のエナルモンデポーなどが該当します。男性ホルモンとして作用する、メチルテストステロンを補充できる精力剤は第1類医薬品に分類されます。第2類医薬品と第3類医薬品は、滋養強壮や疲労回復が目的の精力剤が該当し、指定医薬部外品は副作用のリスクが少ない精力剤を指します。市販の医薬品には、軟膏タイプやドリンクタイプなどがあります。

②食品(サプリメント)

サプリメントは、 日々の食事で補いにくいビタミン類やミネラル類 を含んでおり、食品に分類されます。 精力の不足には、栄養素不足が関係している ことがあります。例えば、成長を促進させる亜鉛やヨウ素、動脈硬化や老化を予防するセレンなどは、体内で生成できません。成長や健康の維持のためにも サプリメントで、必要な栄養素を摂取するの がよいでしょう。

精力増強のための精力剤の選び方

精力増強のために精力剤を購入するとき、選び方は 「精力剤の種類」「医薬品分類」「精力剤のタイプ」 の3つがあります。下記で選び方の詳細を解説します。

勃起、滋養強壮、催淫などの種類で選ぶ

精力剤には効果別に、 勃起剤・滋養強壮剤・催淫剤 の3種類に分けられます。

勃起剤は名前の通り、勃起を促すタイプです。バイアグラやレビトラのようなED治療薬以外に、 血流を促進させて勃起維持を補助する精力剤 があります。マカ、ヨヒンビン、アルギニン、亜鉛、シトルリンなど、精力に関する成分が含まれているものを選ぶとよいでしょう。

滋養強壮剤は、 肉体疲労の緩和や虚弱体質の改善などが期待できる精力剤 です。日々の疲れは、精力の低下にもつながります。滋養強壮剤を継続的に服用することで、疲れが溜まりにくい体になり、結果として精力の増強につながるでしょう。栄養素からエネルギーを生成するビタミン類を始め、過剰な活性酸素を除去して疲労回復を促す高麗人参、血液浄化作用がある牛黄(ごおう)などの成分が入っているものを選びましょう。

催淫剤は、いわゆる媚薬として販売されているものです。例えば、クリーム状の催淫剤は性器周辺に塗布して使用すると、血流が促進されて 性的刺激を得やすくなる といわれています。クリームタイプ以外には、カプセルや錠剤、香水があります。しかし、いずれも科学的な性欲促進効果は実証されていないため、パートナーと相談しながら、雰囲気づくりとして使用するのがよいでしょう。

医薬品分類で選ぶ

先述のとおり精力剤には、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品、そして指定医薬部外品があります。医薬品は 指定医薬部外品やサプリメントと比べ効き目が高い ものの、 副作用のリスク があり、 正しく使用する ことが求められます。したがって、第1類医薬品は購入時に薬剤師の説明を受ける必要があり、第2類医薬品、第3類医薬品は薬剤師や登録販売者が在籍する薬局などで購入しなければなりません。

指定医薬部外品は、 もともと医薬品だったものが規制緩和され、コンビニやスーパーなどでも販売できるようになったもの です。医薬品と同様に、厚生労働省に認可されているので安全性は保証されており、副作用のリスクが低いことが特徴です。

錠剤、ドリンク、軟膏などのタイプで選ぶ

精力剤は、 錠剤、ドリンク、軟膏 などのタイプがあります。

錠剤 は、ドリンクタイプよりも 持ち運びやすく、価格帯も手頃なものが多い ため、継続して使用しやすいタイプです。

ドリンクタイプ は、錠剤よりも 即効性が期待でき、そのまま飲めることが特徴 です。しかし、瓶入りで販売されていることが多く、重くてかさばるため持ち運びには適しません。また、糖分が含まれていることもあり、糖尿病などの疾患がある方は医師に相談してから服用しましょう。

軟膏 は性器に直接塗布して使用するため、 ドリンクタイプよりも即効性が高い です。軟膏の精力剤は男性ホルモンが含有されていることがほとんどで、第1類医薬品に分類されており、薬剤師の説明を受けてから購入します。

錠剤やドリンクタイプから試し、思ったような効果がないときは、軟膏の使用を検討しましょう。

精力剤服用時の4つの注意点

精力剤を服用するときに、 4つ注意すべきこと があります。確かな効果を得るためにも、下記の注意点を守り服用しましょう。

過剰摂取は副作用の危険性があり用法用量を守る

精力剤は 用法用量を守り、指定された分量だけ服用する ようにしましょう。効き目を高くしたいからといって、 過剰に摂取すると副作用を引き起こす恐れがある からです。薬剤師の説明や、製品に書かれている使用方法を必ず守って服用してください。

健康状態に注意する

疾患がある方や服用中の薬がある方は、医師に相談してから精力剤を服用 します。精力剤に入っている成分により病状が悪化したり、アレルギー反応を起こしたりする危険性があるからです。自身の健康状態に配慮し、精力剤を活用しましょう。

異常があれば場合は速やかに医師に相談する

服用後に発疹やかゆみ、めまい、頭痛など、 異常や副作用があれば速やかに医師に相談 しましょう。体調不良や副作用を起こさないためにも、用法用量を守っての服用が重要です。

服用タイミングに配慮する

いつ飲むかは、精力剤によって異なります。 精力剤によっては、継続して服用することで効果が得られるものもあるため、朝や食前など、決まった時間に飲む習慣をつけるとよいでしょう。評判を調べていると、効果ない・効かないという感想を見かけるかもしれません。しかし、服用タイミングが原因で、効果が得られていないかもしれません。ED治療薬のように、性行為の直前や数時間前に飲むことが決められていれば、それに従います。

【男女別】精力剤の摂取による効果

精力剤による効果は、男女によって違い があります。男性はEDの改善を期待することができ、女性は性欲の向上につながる見込みがあります。下記で詳細を紹介します。

男性はED(勃起不全)に効果的

EDの原因によっては、精力剤が有効に働いてくれます。EDは、器質性ED、心因性ED、薬剤性ED、複合型EDの4つに分けられます。特に 器質性EDと心因性EDの場合、精力剤による改善が期待できます。 器質性EDは、動脈硬化や糖尿病などの血管障害や、事故などによる神経障害、ホルモンの分泌機能低下が主な原因となり、引き起こされるEDです。血管障害は加齢によっても起こるため、血行促進効果がある精力剤を摂取すれば、血流を改善でき、結果的にEDも改善される見込みがあります。また、心因性EDは精神的負荷が原因で起こるため、精力剤でホルモンバランスを整え、ストレスを解消できればEDの改善も目指せます。実際に、高麗人参を8週間~12週間摂取したことで、EDの改善がみられたケースもあります。高麗人参が含まれる精力剤の継続的な使用は、EDの改善を期待できます。

なお、男性の 精力が減退 すると、 やる気の低下や倦怠感、性行為への無関心などの症状 が起こりえます。男性の精力減退は、更年期障害の一種と考えられており、更年期障害にはイライラやうつのような精神的症状、関節痛や筋肉に関連する症状などの肉体的症状の他に、性欲低下や勃起力低下といった、性機能障害が含まれます。精力剤は、これらの症状を緩和してくれるでしょう。

ただし、滋養強壮剤として販売されている精力剤は、バイアグラやレビトラのようなED治療を目的としたものではない点に注意しましょう。

女性は性欲の向上に効果的

女性が精力剤を摂取した場合、 性欲向上の効果が期待 できます。 精力剤は、疲労回復効果があり、鉄分などを補えるから です。例えば、精力剤に含まれていることが多いマカは、栄養価が高く女性にも嬉しい効果があります。マカは若返りのホルモンといわれる成長ホルモンの分泌を促すアルギニンが多く、代謝アップや疲労回復につながります。また、植物性のエストロゲンやビタミンEがホルモンバランスを整えるため、ストレスや月経トラブルにも作用が期待できます。他にも、マカには亜鉛や鉄分、カルシウムも豊富に含まれています。女性は生理によって鉄分が失われますが、それが原因でやる気の低下や、慢性的な疲れを感じている恐れもあります。これらの症状は、女性の精力の減退も関係しており、特に閉経後に性ホルモンが減少すると、より顕著に感じるようになるでしょう。

しかし、 精力剤を摂取でホルモンバランスを整え、疲労回復によって体調がよくなれば、性欲アップにも期待 が持てます。ただし、精力剤によっては女性の服用を禁止しているものもあるため、注意書きに従って摂取しましょう。

ED(勃起不全)のお悩みはメンズライフクリニックへ

精力剤を試してみたものの、今一つ効果が感じられない方 や、 EDかもしれないと不安な方 は、 専門のクリニックに相談 しましょう。医師の診察によりEDの原因をはっきりさせることで、具体的な解決方法が見つかります。当院では、来院不要のオンライン診断と薬の処方を行っています。お近くにクリニックがない方や、忙しく通院時間が取れない方など、ぜひ一度ご検討ください。

下記では当院のED治療について、詳細を紹介しています。

リンク: ED(勃起不全)治療薬について

まとめ

精力剤は基本的に、 慢性的・精神的な疲労を回復する効果がある医薬品や食品 のことをいいます。医薬品に分類される精力剤は、疲労回復効果があるもの以外に、 男性ホルモンの補給 ができたり、 血行を促し勃起維持を補助したりする ものがあります。食品は主にサプリメントを指し、ビタミン類やミネラルを効率よく補給することで、精力溢れる健康的な体を維持するのに役立ちます。滋養強壮を目的とした精力剤は、 男女ともに性欲の改善に効果が期待できます。 特に男性では、精力剤の血行促進効果によって、EDが改善する可能性もあるでしょう。しかし、EDの改善が見られない、EDかどうか不安という方は、ぜひ一度当院にてED診療を受けてみてください。

DOCTOR

監修医師

宮﨑 元祥
東京・池袋院 院長
宮﨑 元祥 医師

経歴

  • 2014年3月 北里大学医学部医学科 卒業
  • 2015年4月 新潟県厚生連糸魚川総合病院にて臨床研修を開始
    臨床研修修了後、大手総合病院にて診療に従事
  • 2017年7月 メンズライフクリニック(旧六本木EDクリニック)を開設
  • 東京・池袋院 院長を務める
詳細はこちら

ADVICE

医師からのワンポイントアドバイス

POINTEDは根本的に治療することが大切です!

ED治療には一般的にED治療薬を利用されることが主流ですがこれは一時的にEDを改善するためであり根本的に勃起不全を改善できるわけではありません。最新鋭のED治療であるEDウェーブⅡを用いてED治療薬を服用できなかった方や副作用が心配な方、ED治療を根本的に治療したい方におすすめの治療方法をご紹介します。

EDウェーブⅡの詳細はこちら

最新鋭のED治療(EDウェーブⅡ)
最新鋭のED治療(EDウェーブⅡ)

EDウェーブⅡの詳細はこちら

ED(勃起不全)

メンズライフクリニックについて

メンズライフクリニックは、全国に15院を展開している男性専門総合クリニックです。
東京・新宿院ではED専門治療に特化した最新鋭の治療を提供しております。一般的にはED薬治療ですが、薬が服用できない方のために血管機能を回復させる低出力衝撃波ED治療(EDウェーブⅡ)を行いすべての患者様のお悩みが解決できるよう努めています。
患者様のお悩みに寄り添いプライバシーへの配慮を心掛け、大切なプライベートなお悩みをケアいたします。