CLOSE

column15

コラム ED治療のコラム|メンズライフクリニック【公式】

  • TOP
  • 初めての方
  • コラム
  • 【医師監修】バイアグラ・バイアグラジェネリックとは?作用や服用方法を徹底解説

【医師監修】バイアグラ・バイアグラジェネリックとは?作用や服用方法を徹底解説

はじめに

勃起力をあげるために、バイアグラやバイアグラジェネリックの導入を検討している方もいるでしょう。 バイアグラは危険な薬ではなく、国内でも認可されている勃起不全(ED)の治療薬です。 血行を促進して勃起を促すもので、催淫効果などはありません。 本記事では作用や服用方法、副作用や入手方法などを徹底解説します。 正しいバイアグラの知識を得て、正しく服用しましょう。

正しいバイアグラ

バイアグラとは?

バイアグラは米国に本社を構える、ファイザーが世界で初めて製品化した勃起不全(ED)の治療薬です。 1999年に日本の厚生労働省が製造販売の承認を取得し、同年に国内で販売されるようになりました。 現在は、ヴィアトリス製薬が販売しています。バイアグラには、勃起を抑制する酵素の働きを妨げる成分が入っており、それにより勃起をサポートしています。 見た目は青くてひし形の錠剤で、割ると中は白色になっています。25mgタイプは横約9mm、縦約7mmと小さく、水で服用しやすいサイズです。

国内では2016年から、ピンク色のフィルム状のバイアグラ(バイアグラODフィルム)も発売されており、錠剤とフィルム状で効果の差はありません。

バイアグラの歴史

バイアグラは、狭心症の薬からできました。当初、狭心症の治療薬として開発されていた薬が臨床試験で、 思ったような作用が現れず試験は中止。そこで被験者から薬を回収しようとしたものの、渋る者が多く理由を尋ねると、 勃起を促進する作用があると判明したのです。そこから勃起不全の治療薬として研究が進み、バイアグラが誕生しました。 1998年にアメリカで発売され、夢の薬のように宣伝されたバイアグラは日本ではまだ発売の許可が降りておらず、 個人輸入するしかなかったのです。しかし、正しい服用方法を知らず別の薬と併用したために、 性行為中に亡くなるという事件が発生。これを受けて厚生労働省は異例のスピードで対応し、 1999年には製造を承認して同年に国内でも販売がスタートします。 現在、個人輸入されているものは偽薬の可能性が高く、正しい取り扱い方法を知らずに服用することは大変危険です。

バイアグラの特徴・成分

バイアグラは、国内でもよく知られている勃起不全治療薬です。 勃起を抑制する酵素の働きを抑えるシルデナフィルが入っており、その作用で勃起が促されています。 国外ではシルデナフィルの含有量が100mgのバイアグラも売られていますが、日本では25mgと50mgのみが認可されています。 また、不妊目的以外では保険適用外であり、自費診療(自由診療)となることも特徴です。 2022年4月以降、「勃起不全による男性不妊」と認められた場合のみ、不妊治療の一環として保険が適用されています。

バイアグラの添加物について

バイアグラには有効成分以外に、下記の添加物が入っています。

  • ・結晶セルロース
  • ・無水リン酸水素カルシウム
  • ・クロスカルメロースナトリウム
  • ・ステアリン酸マグネシウム
  • ・ヒプロメロース
  • ・乳糖水和物
  • ・酸化チタン
  • ・トリアセチン
  • ・青色2号

これらの添加物は医薬品添加物として認められており、生体に変化を及ぼさないことや無害であることなどを前提で、 薬を形成するのに利用されています。例えば、結晶セルロースは錠剤の結合剤として機能するもので、 医薬品以外では化粧品や乳製品などにも使われています。フィルム状のバイアグラには別の添加物が入っていますが、 医薬品添加物である点は同じです。

バイアグラの作用機序

バイアグラが勃起不全に働く仕組みには、有効成分のシルデナフィルが関係しています。 男性は性的刺激を受けると、大脳から脊髄を経由して勃起中枢に司令が出されます。 それによりペニスの細動脈壁から一酸化窒素(NO)が分泌され、環状グアノシン一リン酸(cGMP)が増加。 環状グアノシン一リン酸は血管拡張物質で、この作用によりペニス周辺の血管が拡張して血流量が増え、 海綿体に血液が流入するとペニスが勃起状態になります。 しかし、勃起不全の方はこれらの作用を抑えるPDE-5という酵素が多かったり、過剰に反応していたりするため、 勃起してもすぐに萎えてしまいます。バイアグラPDE-5の活性を阻害し、血管拡張による正常な勃起を補助しているのです。

バイアグラはもともと狭心症の薬として作られたものであり、その際にシルデナフィルも血管拡張剤として研究されていました。

バイアグラの効果・効能

バイアグラをはじめとする勃起不全の治療薬は、血管を拡張し血流をよくする働きがあり、 それにより勃起を促しているのです。また、バイアグラは何時間も作用が持続するわけではありません。 服用後1時間程度で作用が現れるのですが、性的興奮があったときにのみ影響し、 その後は4~5時間継続します。空腹時に服用するので、食事と性行為のタイミングを合わせることが需要です。

バイアグラジェネリックでも効果がある?

バイアグラジェネリックは、バイアグラと同じ有効成分が含まれており、同等の働きが期待できます。 バイアグラジェネリックの特徴は、安価で購入できる点です。 ジェネリック医薬品は、新薬(先発薬)と成分や作用はほぼ同じですが、特許期間が切れたのちに発売されるため、 価格が安くなっているのです。

また、ジェネリック医薬品は先発薬と違う形状で製造が可能のため、薄いピンク色や白色の丸型など、従来のバイアグラとは違う形状のものもあります。

女性にも効果がある?

女性がバイアグラを飲むと、陰核(クリトリス)の勃起や膣内分泌液の改善の働きがあると考えられていますが、医学的根拠は存在しません。 女性用のバイアグラも存在しますが日本では認められておらず、重篤な副作用があったり継続的に服用する必要があったりします。

国内外のバイアグラ・バイアグラジェネリックの種類

バイアグラや、バイアグラジェネリックの種類について紹介します。 バイアグラ錠剤、フィルムタイプの2種類があります。

薬剤名 販売場所 販売場所
バイアグラ25mg 国内 錠剤
バイアグラ50mg 国内 錠剤
バイアグラ100mg 外国のみ
(国内未認証)
錠剤
バイアグラODフィルム50mg 国内 フィルム

国内で認証されたバイアグラジェネリックは、下記の8社から販売されています。

製造会社 薬剤名 特徴
東和薬品 シルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」 白色の丸い錠剤、水なしで服用可、
レモン風味とコーヒー風味有
キッセイ薬品工業 シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「キッセイ」 青色の丸い錠剤、水で服用
あすか製薬 シルデナフィル錠 50mg VI「あすか」 青色の楕円の錠剤、水で服用
富士化学工業 シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「FCI」 青色のひし形錠剤、色・形・添加物が先発薬と同じ
大興製薬 シルデナフィル錠 20mg/50mg VI「DK」 ピンク色の丸い錠剤、水で服用
シオノケミカル シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「SN」 ピンク色の丸い錠剤、水で服用
陽進堂 シルデナフィル錠 50mg VI「YD」 青色の楕円の錠剤、水で服用
武田テバファーマ シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「テバ」 ピンク色の丸い錠剤、水で服用

この他にもカマグラのような、外国製のバイアグラジェネリックがいくつかありますが、国内では未承認です。 万が一健康被害を受けたとき、医薬品副作用被害救済制度は適用されないため、購入はおすすめできません。

以下に、外国製のバイアグラジェネリックの一部を記載します。

  • ・Kamagra(カマグラ)/Kamagra Gold(カマグラ ゴールド)
  • ・Kamagra Effervescent(カマグラ 発砲錠)
  • ・Kamagra Chewable Tablet(カマグラ チュアブル錠)
  • ・Kamagra Oral Jelly(カマグラ オーラルゼリー)
  • ・Caverta(カベルタ)
  • ・Eriacta(エリアクタ)
  • ・Penegra(ペネグラ)
  • ・Vigore(ビゴレ)
  • ・Silagra(シラグラ)
  • ・Assurans(アスランス)
  • ・Suhagra(スハグラ)
  • ・Zenegra(ゼネグラ)
  • ・Vega(ベガ)
  • ・P-Force Fort(ピーフォースフォート)

バイアグラ・バイアグラジェネリックの値段

バイアグラとバイアグラジェネリックの値段は、下表のとおりです。 バイアグラもバイアグラジェネリックも、保険適用外のため値段はクリニックによって多少前後します

基本的にはジェネリックのほうが安いので、保険適用外でバイアグラを処方してもらう場合はジェネリックがよいでしょう。

薬剤名 価格(税込)
/1錠・1枚
バイアグラ25mg 1,300円
バイアグラ50mg 1,500円
バイアグラODフィルム50mg 1,000円

バイアグラジェネリックの価格は、下記のとおりです。こちらもクリニックによって価格が異なるため、表の値段より前後する可能性があります。

製造会社 薬剤名 価格(税込)
/1錠
東和薬品 シルデナフィル OD錠 50mg VI「トーワ」 1,000円
キッセイ薬品工業 シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「キッセイ」 25mg:650円
50mg:1,000円
あすか製薬 シルデナフィル錠 50mg VI「あすか」 900円
富士化学工業 シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「FCI」 25mg:450円
50mg:900円
大興製薬 シルデナフィル錠 20mg/50mg VI「DK」 25mg:380円
50mg:750円
シオノケミカル シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「SN」 25mg:390円
50mg:770円
陽進堂 シルデナフィル錠 50mg VI「YD」 900円
武田テバファーマ シルデナフィル錠 25mg/50mg VI「テバ」 25mg:600円
50mg:800円

ほとんどのものが1錠1,000円以下なので、自費診療であっても手にしやすい価格帯といえるでしょう。

バイアグラの服用方法

バイアグラは25mg・50mgともに、性行為の1時間前に水と一緒に服用します。 噛んでも、作用が早まることはありません。空腹時の服用がおすすめで、食後だと働きが減ってしまいます。 もし食後に服用する場合は、1時間以上時間を空けてからが望ましいです。 また、お酒との併用も可能ですが、飲みすぎると作用が得られなくなるので注意しましょう。 服用から30分~1時間後に、性的刺激があった場合に作用が現れ、性的刺激がなければ勃起しません。

バイアグラの作用時間・服用回数

服用後30分~1時間ほどで作用が出ます。 その後25mgは4時間、50mgは5時間作用が続きます。服用回数は1日1回で、次に飲むときは必ず24時間以上、間を空けましょう

バイアグラの使用期限・保存方法

使用期限は外箱の側面や、10錠1シートになっているシートの一番上に記載がありますので、そちらを参考にしてください。 不明な場合は医師に確認しましょう。保存する際には直射日光を避けて、室温で保存します。シートから錠剤を出してピルケースなどに移した場合も同様に、直射日光を避けて保存しましょう。

バイアグラを処方してもらう方法・売っている場所

バイアグラを処方してもらうときの一般的な流れは、下記のとおりです。

  • 1. バイアグラを扱っているクリニックへ行く
  • 2. 受付をして問診票に記入する
  • 3. 診察を受ける
  • 4. 薬を処方してもらう

病院に直接行かず、オンライン処方をしてくれるクリニックもあります。初診・再診のどちらにも対応してくれることが多いです。おおまかな流れは、下記のとおりです。

  • 1. 電話・WEB・LINEで予約
  • 2. オンライン通話・電話で診察
  • 3. 薬代の支払い
  • 4. 薬が配送されてくる

予約方法はクリニックにより異なりますが、その後の流れは基本的にどこでも同じです。わかりにくい場合は、診察のときに医師に確認しましょう。

処方の際に必要な持ち物は?

バイアグラを処方してもらうときに、健康保険証・身分証は必要ありませんバイアグラは原則自費診療であり、保険適用外だからです。不妊治療で処方された場合にのみ保険が適用されますので、その場合は健康保険証が必要です。 常用している薬があれば、飲み合わせを確認するので持参しましょうバイアグラやバイアグラジェネリックは禁止されている飲み合わせがあるので、医師に確認してもらうことは必須です。

バイアグラ・バイアグラジェネリックには副作用がある?

バイアグラ・バイアグラジェネリック、ともに副作用があります。バイアグラの作用として血管拡張がありますので、それに伴った副作用がほとんどです。 しかし、副作用の中には重症度が高いものも存在します。頻度と重症度別にどのような副作用があるのか、下表にまとめました。

頻度・多い
/重症度・低い
・頭痛
・ほてり
・目のかすみ
・目の充血
・鼻づまり
・消化不良
・めまい
・軽い色覚変化
・軽い下痢
頻度・多い
/重症度・高い
特になし
頻度・少ない
/重症度・低い
採血の異常
頻度・少ない
/重症度・高い
・持続勃起症
・NAION(非動脈炎症性前部虚血性視神経症)
・突発性難聴

バイアグラ・バイアグラジェネリックの副作用で特に多いのが、頭痛・顔のほてり・目の充血です。 個人差はありますが、服用した方の約2割~4割にこれらの副作用が出ています。 服用してから30分~40分くらいで薬の作用が出始めるとともに、顔のほてりなどの副作用も出始めます。 これは、薬の血管拡張作用によるもので、お酒を飲んだあとのような症状が出てしまいます。 その他にも、光に敏感になったり、色が変化して見えたりするケースもあります。 基本的にはどれも一時的なものであり、薬が作用している4時間~6時間程度でおさまれば問題ありません。 どうしても不安な場合は、医師に相談してもよいでしょう。

重症度が高い副作用である持続勃起症、NAION(非動脈炎症性前部虚血性視神経症)、突発性難聴の中で、日本では持続勃起症のみ1件報告されています。 持続勃起症は4時間以上勃起が続いている状態で、この場合は泌尿器科を受診する必要があります。NAIONは、外国で発症報告があります。 また外国で発症した方の多くが、50歳以上で糖尿病や高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙などのNAIONの危険因子を持っていたそうです。 NAIONの症状は急激な視力として表れますので、その場合は直ちに眼科を受診しましょう。 突発性難聴は、突然発症する難聴のことを指し、服用したことで急に聞こえにくくなった場合は耳鼻科を受診してください。

また、副作用として心配されるものに心臓への負担や、高血圧、妊娠や精子への影響が挙げられますが、これらの副作用はありません。

バイアグラ・バイアグラジェネリックで副作用が起きた際の対処法

頭痛

バイアグラやバイアグラジェネリックを服用して頭痛が起きた場合は、 ロキソニンやイブ、バファリンなどの市販の頭痛薬を飲みましょう。 クリニックでもバイアグラと一緒に頭痛薬を処方してくれることがありますので、確認してみてください。

胸やけ

バイアグラだけではなく、他のED治療薬でも副作用として腹部の不快感を覚えることがあります。 胸やけのような症状が現れたら、胃酸を抑えるガスターやタケプロンが有効ですED治療薬を服用して性交渉をした直後か、 しばらく経過してから就寝前に服用するのがおすすめです。治療薬を服用してすぐに胸やけを感じる場合は、治療薬と一緒に服用しましょう。

バイアグラ・バイアグラジェネリック服用時の注意点

バイアグラやバイアグラジェネリックを服用する際に注意すべき、5つのポイントを紹介します。 飲むだけでは作用が現れない点や、飲酒時にはアルコール摂取量を控えめにするなど、 注意点を知っておくと効率的にバイアグラやバイアグラジェネリックを使用できます

飲むだけで勃起するわけではない

バイアグラは、飲むだけで勃起する薬ではありません。性的刺激を受けたときにのみ、勃起するのを補助してくれる薬です。 性的興奮や性欲増進の作用はありませんので、注意しましょう。

お酒との併用時は飲みすぎないようにする

少量であれば大丈夫ですが、お酒を飲みすぎると効果がないこともあります。アルコールが脳からの司令を妨げ、勃起しにくくなってしまうからです。 お酒に弱い方がバイアグラとアルコールを一緒に飲むと、バイアグラの血管拡張作用によって血行がよくなり、お酒のまわりが早くなります。 また、低血圧気味の方もアルコールとバイアグラの両方の働きで血行がよくなり、血圧が下がって貧血気味になる恐れがありますので気をつけましょう。

食後の服用は効果発揮に時間がかかる

バイアグラやバイアグラジェネリックを食後に服用すると、作用が出るまでに時間がかかります。 薬は胃ではなく腸で吸収されるため、高脂質の食事を摂っていると腸に脂の膜ができてしまい、薬の成分を吸収しづらくなるからです。 よって、空腹時の服用が推奨されています食後に服用する場合は、1時間以上経ってから薬を服用します。 食事はそばやうどんのような、脂質の少ないあっさりとした料理がよいでしょう。

医薬品の併用で注意が必要な成分

バイアグラやバイアグラジェネリックには血管を拡張する効能があり、降圧剤と併用すると血圧が下がりすぎてしまうため、基本的に併用できません。 特に硝酸薬を使っている方は、併用すると死に至る恐れがあります。他にも点眼薬や貼り薬、吸入剤の中にも血管拡張作用がある成分が入っているものもあるため、 注意が必要です。

バイアグラや、バイアグラジェネリックを処方してもらうときは、必ず普段使用している薬をクリニックに持参し、医師に確認してもらいましょう。

未認可の偽物に注意

国内で認可されていないED治療薬もあるので、注意しましょう。 個人輸入代行業者から購入した場合は、特に気をつける必要があります。効果が低いばかりか、健康被害が出てしまう恐れがあるのです。 さらに、最近はクリニックであっても個人輸入したものを処方していることがあります。信頼のおけるクリニックを探し、受診しましょう。

バイアグラ・バイアグラジェネリックを飲んではいけない人は?

バイアグラ・バイアグラジェネリックを飲んではいけない人は、次のとおりです。

  • バイアグラの成分に過敏症の既往歴がある方
  • ・硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)を投与中の方
  • ・塩酸アミオダロンを投与中の方
  • ・心血管系障害があるなど性行為が不適当と考えられる方
  • ・重度の肝機能障害がある方
  • ・低血圧の方
  • ・治療による管理がされていない高血圧の方
  • ・脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴が最近6カ月以内にある方
  • ・網膜色質変性症(進行性の夜盲症)の方
  • ・未成年の方

上記に当てはまる方は、薬の臨床試験において除外されていたり、副作用の発症が報告されていたりするため、服用が禁止されています。 特にバイアグラ・バイアグラジェネリックを飲んではいけない人は、硝酸薬を投与中の方です。最悪の場合死に至る恐れがあるため絶対に服用してはいけません。 既往歴や、服用中の薬はクリニックで正しく伝えましょう。

まとめ

バイアグラ性的刺激による勃起をサポートする薬で、国内でも広く流通している勃起不全(ED)治療薬です。 ジェネリック医薬品も販売されており、作用は基本的に同じです。1日1回、性行為前の空腹時に使用し、1時間後に性的刺激を受けることで作用が現れます。 何時間も作用があるのではなく、25mgは4時間、50mgは5時間作用が続きます。個人輸入したものを通信販売している場合もありますが、 偽薬の恐れが高いですのでクリックで診察を受けて処方してもらいましょう。最近はオンライン処方もあり、病院へ行かなくても処方してもらうことも可能です。 特定の薬を飲んでいたり既往歴があったりする場合は服用できないこともありますので、まずは医師に相談してみましょう。

バイアグラは正しく服用すれば、
効果を実感できます。

世界で初めて製品化され、厚生労働省から承認を取得している。

【服用後の効果】30分前後 
【食事】影響を受けやすいので空腹時に服用
【効果持続時間】3~4時間 
【アルコール】適度なアルコール量であれば問題ない

バイアグラ錠の詳細はこちら

DOCTOR

監修医師

宮﨑 元祥
東京・新宿院 院長
宮﨑 元祥 医師

経歴

  • 2014年3月 北里大学医学部医学科 卒業
  • 2015年4月 新潟県厚生連糸魚川総合病院にて臨床研修を開始
    臨床研修修了後、大手総合病院にて診療に従事
  • 2017年7月 メンズライフクリニック(旧六本木EDクリニック)を開設
  • 東京・新宿院 院長を務める
詳細はこちら

ED(勃起不全)

メンズライフクリニックについて

メンズライフクリニックは、全国13院展開している男性専門の総合クリニックです。
東京・新宿院ではED専門治療に特化した最新鋭の治療を提供しております。一般的にはED薬治療ですが、薬が服用できない方のために血管機能を回復させる根本治療(EDウェーブ)を行いすべての患者様のお悩みが解決できるよう努めています。
患者様のお悩みに寄り添いプライバシーへの配慮を心掛け、大切なプライベートなお悩みをケアいたします。