CLOSE

TREATMENT

包茎手術

包茎・ED治療|男性総合医療を提供する
メンズライフクリニック
(旧東京スカイクリニック)【公式】

包茎手術について

目次を見る目次を閉じる

※アイコンをクリックするとページ内のコンテンツに移動します

CASE

包茎手術+亀頭増大を実施

包茎がしっかりと解消されており、さらに亀頭増大を行う事でたくましい男性器に仕上がりました。

※画像をクリックするとモザイクが外れた状態でご覧頂けます。

治療前:包茎手術+亀頭増大

治療前

治療前:包茎手術+亀頭増大

治療後

施術内容包茎手術+亀頭増大
施術料金包茎施術:90,000~400,000円 / 亀頭増大:60,000~180,000円

HOW TO?

包茎⼿術で用いるもの

マイクロ・サージェリー法。顕微鏡下で行う外科的な包茎手術。

LISK

ダウンタイム・副作用に関して

傷跡・瘢痕、赤み、痛み、腫れ、内出血、感染、血腫、アレルギー等

当⽇はできるだけ安静にし、激しい運動や飲酒は控える必要があります。⾎⾏が促進されることで、⼿術痕の出⾎が激しくなる可能性があります。
また、当⽇は濡れタオルで体を拭く程度にとどめ、⼊浴をお控えください。ちなみに、いわゆる「朝⽴ち」のような⽣理的な勃起は問題ありませんが、意図的な勃起を伴う性交渉や⾃慰⾏為は⼿術当⽇から1ヶ⽉間、控える必要があります。

手術後1週間ほどで患部(縫合部)にかさぶたができ、癒着し始めます。衛生面に気をつけてお過ごしください。
入浴に関しては、手術の翌日からシャワーを浴びることが可能となり、7日目(1週目)からは湯船につかることもできます。

個人差はありますが、手術後2~3週間を過ぎれば痛みやツッパリ感は消え、手術痕も目立たなくなって完全に回復したような状態になります。しかし、実際には完全に回復したわけではない場合が多いので注意が必要です。性交渉を行ったり、プールや銭湯などで不特定多数の人と過ごしたりすることで、縫合部から細菌・ウイルスが侵入して感染症を発症する可能性があります。

ADVICE

医師からのワンポイントアドバイス

POINTいかに丁寧に傷口を縫合するか

当院では傷口を出来るだけ綺麗に仕上げるため、形成手術用の極細糸で細かく(最低でも30針程度)縫合します。10針以下の縫合は論外です。
ただ傷口を縫えば良いという事ではなく美容的見地での手術を行っているかどうかが非常に重要です。