CLOSE

column52

包茎のコラム医師監修による包茎についての記事

亀頭が痛い、敏感すぎるのは包茎が原因?包茎治療や自力での改善方法を紹介

はじめに

亀頭が下着に擦れると痛いと感じるのは、亀頭過敏症が原因かもしれません。特に包茎の場合、亀頭が常に包皮に覆われているため、刺激に慣れておらず過敏に反応しやすいです。本記事では、亀頭過敏症と包茎の関係、改善方法について解説します。

亀頭が痛い、敏感すぎるのは包茎が原因?包茎治療や自力での改善方法を紹介

亀頭が敏感すぎる原因は包茎?

「亀頭過敏症」と「過敏性早漏」

亀頭過敏症とは、名前のとおり亀頭が過敏な状態をいいます。 亀頭が下着などに擦れるだけで、反応したり痛みを感じたりする場合は亀頭過敏症の疑いがあります。また、亀頭の過敏さゆえに早漏になってしまう状態は、過敏性早漏(敏感性早漏) と呼ばれます。早漏は、加齢やストレスなどが原因ですが、過敏性早漏は亀頭が刺激を感じすぎることが原因です。

亀頭が刺激に弱く過敏な理由のひとつに、包茎が挙げられます。包茎で常時亀頭が包皮に覆われていると、亀頭は刺激に慣れておらず、少しの刺激でも反応してしまいます。

亀頭過敏症、過敏性早漏の治し方は?

痛みを感じるレベルなら病院で包茎手術を受ける

亀頭が過敏に反応して痛みを感じるレベルであれば、包茎手術を検討しましょう。 包茎専門のクリニックや泌尿器科を受診し、まずは原因や状態を確認します。亀頭の敏感さは、包茎であることが原因である可能性が高いです。 手術で包茎を治療すれば、亀頭が露出して刺激に慣れるため、亀頭過敏症やそれが原因の過敏性早漏を改善できるでしょう。

自力で治す

手術と聞くと、少し抵抗があるかもしれません。亀頭の過敏さは、自力での改善も目指せます。 改善方法の詳細は、後述しますのでそちらでご確認ください。なお、痛みを伴う亀頭過敏症の場合は、自力で改善することは困難なため、手術が推奨されます。

包茎手術の必要性と各年齢層での対応

包茎の種類や患者さまの年齢によって、包茎手術の必要性は異なります。 包茎は、仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の3つに大別できますが、この中でも真性包茎は感染症や炎症のリスクが高いので、早めに手術を行ったほうがよいでしょう。年齢別では、 成人後の包茎が自然治癒する可能性は低いため手術が必要です。また、最近は介護に備えて包茎手術を受ける高齢の方も増えています。

下記では、包茎の種類別に手術の必要性や、各年齢での手術について詳細を解説しています。

関連リンク:なぜ包茎手術を受けなければならないのか?包茎の種類に沿った手術の必要性を解説!

メンズライフクリニックは
納得のいく仕上がりが期待できる
完全ハンドメイドの包茎手術をご提供します

詳細はこちら

亀頭の過敏さを自力で改善する方法

亀頭過敏の治し方を、3つ紹介します。自力で改善できる反面、いずれの方法も亀頭を刺激に慣れさせることが目的ですので時間がかかります。 10年単位での改善を見込みましょう。また、下記の改善方法を試すには、亀頭過敏症であっても痛みがないことが前提です。痛みがある方は、速やかに泌尿器科か包茎専門クリニックを受診しましょう。

ボクサーパンツを着用する

ボクサーパンツを着用して、刺激に慣れさせる方法です。亀頭を露出した状態で、ボクサーパンツを着用する ことがポイントです。ペニスにしっかりフィットするボクサーパンツを着用し、亀頭に低刺激を長時間与えることで、刺激への慣れを期待できます。

亀頭をシャワーで刺激する

入浴の際に、亀頭をシャワーで刺激してみましょう。 刺激の度合いはボクサーパンツより強いですが、短時間しか刺激を与えられないことがデメリットです。

自慰行為の際に亀頭に触れる

亀頭にも触れながら自慰行為を行うことで、強い刺激に慣れるでしょう。しかし、最初のうちは刺激が強すぎるかもしれません。 ローションのような潤滑剤を併用すると、刺激をやわらげることが可能です。

敏感なだけが早漏の原因ではない

亀頭過敏症が原因で、過敏性早漏になることがあります。しかし、老化や運動不足、ストレスなど、他の原因でも早漏になります。 老化が原因の早漏は衰弱性早漏と呼ばれ、射精をコントロールしている筋肉が衰えて早漏になるケースです。ストレス性の早漏は心因性早漏と呼ばれ、仕事やプライベートのストレス、性行為への緊張やプレッシャーなど、心的負担が原因で起こります。

下記記事で、早漏の種類と治し方について詳細をお伝えしています。早漏について気になる方は、ご覧ください。

関連リンク:【医師監修】早漏とは?原因・治し方・改善方法を徹底解説!

亀頭が敏感すぎる、包茎でお困りの方はメンズライフクリニックへ

亀頭の敏感さや包茎でお悩みの方は、当院の無料カウンセリングにてご相談ください。亀頭過敏症や包茎は、市販薬で治すことができません。 専門医に症状を確認してもらい、しかるべき対応を取ることが解決への近道です。

メンズライフクリニックの包茎治療とは

メンズライフクリニックでは、30年の経験を持った包茎専門医による包茎手術を行っています。他クリニックの器具を使用した包茎手術とは違い、メンズライフクリニックは包茎専門医による完全ハンドメイド手術でお一人ひとりに合った治療で自然な仕上がりと痛みの少ない治療を実現します。

機能的にも外⾒的にも美しく仕上げます

メンズライフクリニックは、熟練の技術を誇る包茎専門医が包茎手術を担当いたしますので通常時はもちろん、勃起時のサイズも考えたうえで残すべき包皮の量を定めます。機能的にも外⾒的にも美しく仕上がるよう、慎重に⾒定めて切開線を決めてデザインを⾏います。包茎手術は⼀⽣に⼀度の治療で医師の技術力の差によって大きく結果が変わってきます。患者さまがご満足いただけるよう心がけていますのでお気軽にご相談をください。

メンズライフクリニックの包茎⼿術の技術力とデザイン力
包茎手術の詳細はこちら

ご不明点・ご相談など、
包茎手術の不安解消のためにも
まずは「無料カウンセリング」から!

無料カウンセリング予約24時間受付中

まとめ

亀頭が刺激に敏感すぎる状態を、亀頭過敏症といいます。少しの刺激でも 痛いと感じる場合は、包茎手術で改善できるでしょう。 包茎により亀頭が包皮に常時覆われていると、亀頭が刺激に慣れておらず、敏感になってしまうからです。亀頭の敏感さや包茎についてお困りの方は、一人で抱え込まず、お気軽にクリニックに相談してください。専門医に話を聞いてもらうだけでも、心の負担が軽くなるでしょう。

DOCTOR

監修医師

奥村 康之
医療顧問
奥村 康之 医師

経歴

  • 2005年 和歌山県立医科大学医学部卒業後
  • 大阪大学医学部附属病院にて麻酔科、形成外科研修医勤務
  • 藤田保健衛生大学附属病院 形成外科所属
  • 2007年~大手メンズクリニック、美容クリニック勤務後、
  • 2012年11月~AGAスキンクリニック名古屋院の院長就任
  • 2018年8月~医療法人社団真美会理事長に就任
  • 2021年5月~メンズライフクリニック医療顧問に就任
詳細はこちら

包茎

メンズライフクリニックについて

メンズライフクリニックは、全国に15院を展開している男性専門総合クリニックです。
納得のいく仕上がりが期待できる完全ハンドメイドの包茎手術や、薬剤の注入による亀頭増大、陰茎増大、早漏改善治療などを提供しています。
痛みを抑えた麻酔を目指し、完全予約制とオール男性スタッフの対応により、患者様のプライバシーにも配慮しています。これまでに10代~80代までの方がご来院されており、多くのご支持をいただけるまでになりました。
当クリニックでは20年以上の豊富な経験を持つ医師が、カウンセリングから術後のアフターケアまでを全力で行います。多数の症例を基にした無料カウンセリングは、親切・丁寧を心掛けておりますので、お気軽にご相談ください。

包茎手術の技術力