CLOSE

TREATMENT

仮性包茎とは

仮性包茎とは?デメリットと症状、治療方法まで紹介

仮性包茎とは?デメリットと症状、治療方法まで紹介

仮性包茎の症状とタイプとは?

仮性包茎(かせいほうけい)とは、「平常時に亀頭が一部、もしくはすべて皮膚で覆われている包茎」のことです。仮性包茎には軽度と重度の2パターンがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

・軽度:勃起すると亀頭が自然に露出するタイプ
・重度:勃起しても亀頭がほとんど皮をかぶったままのタイプ(手を使えば亀頭を露出できる)

真性(しんせい)包茎カントン包茎と違い、仮性包茎は勃起しても痛みなく亀頭を露出できます。また、ほとんどの仮性包茎の男性は、苦痛の伴わない性行為ができるでしょう。

仮性包茎の3つのデメリット

仮性包茎は日常生活で、大きな差し支えはありません。しかし、仮性包茎には以下のような3つのデメリットがあるため、包茎を治療することが望ましいです。

・悪臭の原因になる
・見た目にコンプレックスを抱きやすくなる
・早漏になりやすい

それぞれのデメリットについて詳しく解説しますので、1つでも気にしている方は治療の検討に役立ててください。

悪臭の原因になる

包皮(ほうひ)内に雑菌が繁殖して、ペニスの悪臭が強くなります。雑菌が包皮内に繁殖する理由は、主に以下の2つです。

・雑菌の栄養となる恥垢(ちこう:尿や精液と汗が混ざったもの)が包皮内にたまりやすい
・尿や汗によって包皮内の湿度が高くなる

シャワーで包皮を洗ったとしても、包皮の奥にたまっている恥垢を完全に取り除くのは難しいでしょう。結果、雑菌が増殖して悪臭が発生します。

見た目にコンプレックスを抱きやすくなる

友達と温泉に行ったときに、仮性包茎が恥ずかしいと感じる方もいます。成人男性の場合、亀頭が露出していることが1つのステータスであると考えている人もいるでしょう。見栄えとしても包茎ではないほうが形状がきれいであるため、仮性包茎の方はコンプレックスを抱きやすくなります。性行為の際に見せるのが恥ずかしく、交際がうまくいかなくなる恐れもあります。

早漏になりやすい

亀頭が包皮に包まれていると、亀頭が外部からの刺激に弱くなるため、早漏になりやすいです。過敏性早漏とも呼ばれ、性行為により亀頭が強い刺激を受けると、すぐに射精してしまう状態を指します。早漏に対しても、コンプレックスを抱いている方は少なくありません。

仮性包茎治療の必要性

仮性包茎は自分だけでなく、性行為にも関わることから人間関係にもマイナスな影響を与える恐れがあります。仮性包茎で嫌な思いをしないためにも、包茎治療は選択肢の1つです。仮性包茎治療の必要性について以下の3つを紹介しますので、治療を検討している方は参考にしてください。

・悪臭を防ぐことができる
・見た目をよくできる
・早漏を解消できる

悪臭を防ぐことができる

包皮の切除によって、雑菌の増殖が抑えられるため悪臭を防げます。包皮がむけると恥垢がたまりにくく、湿気もこもらないので雑菌が住みづらい状態になります。毎日洗うことは必要ですが、仮性包茎の時よりも洗いやすく衛生的です。ペニスの悪臭から解放され、ストレス軽減につながるでしょう。

見た目をよくできる

仮性包茎を治療すると見た目がよくなり、コンプレックスの解消へ導きます。亀頭が露出すれば理想のペニスの形状となり、自信につながるでしょう。それにより、コンプレックスを抱くことなく性行為ができたり、他人の目を気にせず温泉に入れたりできます。手術痕が残らないように施術をしてくれるクリニックを選べば、手術を周囲に知られるリスクは低いです。

早漏の解消に期待ができる

亀頭が露出すると日常的に亀頭が下着に擦られるため、強い刺激に慣れます。刺激への耐性が亀頭にできると、早漏の解消に期待が持てるため、長時間の性行為が可能になります。

包茎手術専門医が手術を行いますので
ご安心ください

お一人お一人に
合った包茎手術

器具を使用しないオールハンドで行い
キレイな仕上がり

痛みの少ない
麻酔で安心

経験や技術力により痛みを
感じることなく治療が行えます

傷跡が目立たない
自然な仕上がり

経験と実績のある専門医が
バレない自然な仕上がり

男性スタッフが対応・お気軽にご相談ください

男性スタッフが対応・お気軽にご相談ください

PAYMENT

お支払い方法

現金によるお支払いのほか、提携カード会社の各種クレジットカードなどや月々の支払3,000円から始められる医療ローンのご利用が可能です。
お支払い方法に関して、ご不明な点などがございましたらお気軽にご相談ください。

お支払い方法

ANESTHESIA

麻酔に関して

治療時の痛みについて不安な方も多いと思います。
身体への負担も考え適切な麻酔法を選択します。
包茎手術では局所麻酔をしますので痛みを感じる事はありません。
局所麻酔はペニスの根部に注射をしますので患部の痛みを取り除きます。
歯医者の麻酔と比べても痛くありませんが
熟練の医師が行えば痛みはほとんど感じられないまでにおさえることができます。

  • ・局所麻酔
    注射による麻酔薬を注入する方法。極細の注射針(30G)を使用しておりますのでほとんど痛みはありません。
  • ・静脈麻酔
    点滴にて麻酔薬を注入する方法。痛みや恐怖感を感じることなく約30~60分眠っている間 に手術が終了します。
  • ・テープ麻酔
    麻酔薬が含まれたテープ。貼ってから1時間以上経過しないと十分な効果は得られない
  • ・スプレー麻酔
    麻酔薬を噴霧する麻酔。部位に麻酔薬が浸透しにくいため、麻酔効果は得られない

LISK

ダウンタイム・副作用に関して

傷跡・瘢痕、赤み、痛み、腫れ、内出血、感染、血腫、アレルギー等

当⽇はできるだけ安静にし、激しい運動や飲酒は控える必要があります。⾎⾏が促進されることで、⼿術痕の出⾎が激しくなる可能性があります。
また、当⽇は濡れタオルで体を拭く程度にとどめ、⼊浴をお控えください。ちなみに、いわゆる「朝⽴ち」のような⽣理的な勃起は問題ありませんが、意図的な勃起を伴う性交渉や⾃慰⾏為は⼿術当⽇から1ヶ⽉間、控える必要があります。

手術後1週間ほどで患部(縫合部)にかさぶたができ、癒着し始めます。衛生面に気をつけてお過ごしください。
入浴に関しては、手術の翌日からシャワーを浴びることが可能となり、7日目(1週目)からは湯船につかることもできます。

個人差はありますが、手術後2~3週間を過ぎれば痛みやツッパリ感は消え、手術痕も目立たなくなって完全に回復したような状態になります。しかし、実際には完全に回復したわけではない場合が多いので注意が必要です。性交渉を行ったり、プールや銭湯などで不特定多数の人と過ごしたりすることで、縫合部から細菌・ウイルスが侵入して感染症を発症する可能性があります。

【治療直後の陰茎の状態】陰茎に包帯を巻く
【抜糸】溶ける糸を使用する為、抜糸は不要
【通院頻度】通院不要
【術後から入浴可能になるまでの期間】術後の状態にもよるがシャワーは基本的に翌日から可。湯船は7日後から可
【術後から仕事が可能になるまでの期間】治療当日より、お仕事が可能です
【術後からスポーツが可能になるまでの期間】体をハードに動かすスポーツは1週間程は控えてもらう
【術後から車・自転車・バイクの運転が可能になるまでの期間】制限なし
【術後から飲酒が可能になるまでの期間】1週間程度は控える
【術後から性行為が可能になるまでの期間】約4週間

ADVICE

医師からのワンポイントアドバイス

POINTいかに丁寧に傷口を縫合するか

当院では傷口を出来るだけ綺麗に仕上げるため、形成手術用の極細糸で細かく(最低でも30針程度)縫合します。10針以下の縫合は論外です。
ただ傷口を縫えば良いという事ではなく美容的見地での手術を行っているかどうかが非常に重要です。

POINT糖尿病だから包茎手術は受けられないと諦めていませんか?

糖尿病でも基本的に包茎手術は受けられます。糖尿病の方は、血行が悪くなることで包皮が固くなりその影響で剥きにくくなって包皮が切れてしまい最終的には真性包茎になってしまう可能性もあります。
糖尿病のお悩みで包茎手術をご希望の方はまずお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

DOCTOR

監修医師

奥村 康之
医療顧問
奥村 康之 医師

経歴

  • 2005年 和歌山県立医科大学医学部卒業後
  • 大阪大学医学部附属病院にて麻酔科、形成外科研修医勤務
  • 藤田保健衛生大学附属病院 形成外科所属
  • 2007年~大手メンズクリニック、美容クリニック勤務後、
  • 2012年11月~AGAスキンクリニック名古屋院の院長就任
  • 2018年8月~医療法人社団真美会理事長に就任
  • 2021年5月~メンズライフクリニック医療顧問に就任
詳細はこちら

メンズライフクリニックについて

メンズライフクリニックは、全国13院展開している男性専門の総合クリニックです。
包茎手術では業界最高水準の形成外科専門医による完全ハンドメイド手術で自然な仕上がりと痛みの少ない治療に自信を持っております。他にも注入することで亀頭増大や陰茎増大、早漏改善する治療も行なっております。
質の高い医療をご提供することで患者様にご満足いただけ10万件以上の治療実績として多くのご支持をいただくことになりました。20年以上の経験豊富な医師がすべての患者様にご満足いただけるようコンプレックスの改善を目指します。

包茎手術の技術力